上手な法律相談の受け方について

法律相談に行っことがある人の中には、弁護士さんが自分の話を全然聞いてくれなくて、傲慢だと感じた。と思う人も大勢いるといわれています。しかし、これは事実ではないことが多いです。確かに、弁護士も人間ですから、傲慢な態度を取る人もいるかもしれませんが、そうでない場合についてお知らせしたいと思います。

弁護士が、自分の話をあまり聞いてくれないという不満についてですが、この場合、本当はそうではなくて、相談者が法律とはなんら関係のない話をしてしまって、肝心の法律相談の内容に至るまでに時間がかかってしまうということがあります。そのようなときは、時間の決められている法律相談なので、弁護士は必要な情報を得るような質問を相談者にして、相談者の話していることを遮る場合があります。もし、法律相談が時間を気にせずにできるのでしたら、このような状況にはなりませんが、決められた時間内に必要な情報を取得するのが弁護士の仕事と言えます。

更に、法律相談では、相談者が重要であると考えている事柄と弁護士が法律的に重要であると考えている事柄が違う場合があります。その時も、弁護士は法律に関して重要な情報を得るために、相談者の話を遮って、質問をすることもあります。


Copyright(c) 2017 それって法的なトラブル!?法律相談のすすめ All Rights Reserved.