法律相談で一番多いもの一つは、離婚の事案でしょうね。

日常の生活する上で、必要なさそうで、必要になるのが、法律の問題です。生きると言うのは、生まれてから最後まで、すべて法律に関与します。子供が生まれれば、戸籍法による出生届を出します。そこから、婚姻する時も、戸籍法による婚姻届を役所に届けます。すべて法律の下の法治国家の中に、暮らしています。しかし、法律相談となると、婚姻より離婚の方がはるかに多い問題と言えます。金銭問題と両璧となる問題です。よく訴訟になりますが、離婚問題は、訴訟で終了するより、裁判所の和解受けて、両者の言い分を大切にするようにされています。もちろん、離婚の全体数の1%しか、裁判の事案にはなりません。大抵は、両者の話し合いによる円満による離婚です。

しかし、両者の言い分が、かみ合わないことが多いです。慰謝料や親権の問題です。両者の言い分が違えば、裁判による離婚しかありません。そこで、弁護士に対して法律相談を行われることが多いです。この場合、離婚を扱う弁護士も女性が多いと言うのも、特長かもしれません。女性の立場に立った問題の解決がスムーズに和解や話し合いが行われることが多いと聞きます。裁判所の関与した形であろうと、円満に両者の立場を尊重した話し合いが、裁判所の中で行われます。身分に関する法律相談が多いのも、事実です。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 それって法的なトラブル!?法律相談のすすめ All Rights Reserved.